オンライン申請届出
採用案内
現在位置 HOME > 予防 > 住宅防火
ー 住宅防火 ー
ページID: 100690

コンロ火災の事例をご紹介

コンロからの火災にご注意!

台所での火災原因は、コンロからの発生が最も多く、四日市市消防本部管内でも毎年コンロに関係する火災が発生しています。
電話や来客、洗濯掃除、テレビや買い物など、調理中に台所を離れる時には、必ずコンロの火を消してから離れましょう!

火災事例その 1

調理中にその場を離れてしまったことにより、てんぷら油が加熱され、鍋から炎が上がった。

事故防止のポイント

◎調理中は決してその場を離れない
◎離れるときは、火を消す
◎安全装置付きのコンロを使用する

火災事例その 2

コンロの火をつけたまま、奥のものを取ろうとした際に、コンロの火が着衣に燃え移った

事故防止のポイント

◎コンロ周辺には物を置かない
◎防炎性能があるエプロン、アームカバーなどを使用する

エプロンの燃焼比較
エプロンの燃焼比較

火災事例その 3

コンロの近くに置いた食用油や消毒用アルコールなどが輻射熱(高温の物体の熱が空気を介して他の物体へ伝わること)により着火した

事故防止のポイント

◎コンロのまわりに燃えやすい物を置かない
◎コンロの上方にふきんなどを干さない
◎コンロの熱等で劣化したガスホースは交換する

火気から離れたところで使用しましょう

火災事例その 4

てんぷら油から出火したため、水道水で消火しようと水をかけた際に、爆発的に燃焼し、腕に火傷を負った

事故防止のポイント

◎水で消火せずに、消火器等を使用して、安全に消火する。
◎消火器がない場合は、鍋に蓋をしたり、固く絞ったタオル等で鍋を覆い、空気を遮断して消火する
※これは緊急対処方法です

火が入った鍋に水をかけると、水が一気に蒸発して爆発的に燃焼します

もし、火災が発生してしまったら!?

家族を守る「住宅用火災警報器」

住宅火災では発見の遅れで多くの人が亡くなられています。
住宅用火災警報器は煙や熱を早期に感知して火災の発生を知らせます。
(住宅用火災警報器は市火災予防条例で設置が義務付けられています。)

定期的に点検をしましょう

古くなると部品の劣化や電池切れにより火災を感知しなくなり、いざというときに機能しなくなります。定期的に点検を行い、警報音が鳴らない場合は交換をしましょう。※ 本体の交換目安時期はおおよそ10年です。

四日市市役所
医療情報案内
四日市市防火協会
四日市市防災情報
寄付・寄贈をお考えの方
四日市市消防本部公式SNS

プライバシーポリシー | サイトマップ

四日市市消防本部

あなたが聞きたいことを選んでね。

オペレーター